京和カントリー倶楽部

キャデイ求人 
採用案内サイト

VOICE
先輩の声

目標も働き方も先輩によって様々。
実際にキャディとして働く先輩の声をご紹介します。

人生100年時代
今しかできない事を
私は、ゴルフを始めたのは社会人になってからです。高校、大学と卒業し就職をして、仕事も順調とくに不満があったわけでもありません。しかしふとした時にゴルフに魅了されてしまった自分に気付いてしました。1度切りの人生後悔だけはしたくないので、思い切って挑戦する事にしました。

羽生 剛 / ゴルフ研修生

何もかも初めてで不安でしたが
諸先輩方に支えられ成長できました!
私は奄美大島から愛知に就職してきました。キャディはもちろん、ゴルフのことさえも全く知らなかった私にとって、キャディという仕事は全てが未知の世界で、働き始める前は想像すらできませんでした。

川口 晶帆 / キャディ

営業職からの転身
キャディ職を選びました。
ゴルフの経験はたくさんありましたが、キャディの経験はありませんでした。営業と同じでキャディはゴルフ場の顔です。ひとりでも多くのファンを増やしリピーターになって頂くことを心掛けて業務に励んでいます。

横山 金也 / キャディ

佐宗 千恵美(キャディ)
「また来るからよろしくね!」の一言に
仕事のやりがいを感じています。
私も全力で応援しますので、悩んでいる方がいたら、是非最初の一歩を踏み出してくださいね。

佐宗 千恵美 / キャディ

吉田さよこ(キャディ)
家族の支えがあったから
長く仕事を続けられています。
先輩で64歳で現役のキャディもいますので、そこまで働けれたらいいなって思っています。

吉田 さよ子 / キャディ

三浦夕姫
仕事と家庭の両立を
サポートして頂いています。
子どものことを第一に考えて土日休みにしていただいています。研修制度が充実していたので、ゴルフ素人の私でもキャディになることができました。

三浦 夕姫 / キャディ

エントリー

キャディ採用の応募は、エントリーフォーム、
またはお電話にて、お気軽にご応募下さい。
電話で質問&応募
WEBから応募
LINEで質問&応募