京和カントリー倶楽部

キャデイ求人 
採用案内サイト

VOICE
先輩の声

羽生 剛
/ ゴルフ研修生

人生100年時代
今しかできない事を

➢ プロを目指すと決めた理由

ゴルフは社会人になってから
自分の気持ちに素直になりました。

私がゴルフを始めたのは、社会人になってからです。
高校、大学と卒業し就職をして、仕事も順調とくに不満があったわけでもありません。しかしふとした時にゴルフに魅了されてしまった自分に気付いてしました。時間とお金をゴルフに掛ける事が多くなるにつれて、「今したいことはなんだろうか。」と疑問を持つことが多くなり、2017年のマスターズのプレーオフ(優勝:セルヒオ・ガルシア)を見て自分もいつか同じ舞台に立ちたいとプロを目指すことを決意しました。年齢的にも挑戦できるのは今しかない。後悔はしたくない。という自分の気持ちに素直になりました。

➢ 京和CCを選んだ理由

働きながらプロを目指せる。
恵まれた環境に感謝しています。

最初は、プロになるためにはどうしたらいいのかを調べました。調べていく中で京和CCのキャディ採用サイトに辿り着き、前職でWEB関係の仕事をしていたことから、WEBにも力をいれている。という点に好感を持ちました。また偶然にも同じグループのサンコーゴルフセンター(稲沢市)のゴルフ教室に通っていたことも理由のひとつです。
しかし一番は大きな点は、働きながらゴルフの練習が出来る。点です。
家賃補助や試験費用の補助があるゴルフ場もありますが、そういったゴルフ場は給与が安く、生活が大変です。そういったゴルフ場と比較すると京和では、家賃補助や試験費用の補助はありませんが、給与は高いです。現在頂いているお給与で生活(家賃、試験費用などの支払い)ができています。
所属プロも2名おり、技術的なことから精神的なことまでアドバイスを受ける事もできますので、恵まれた環境にとても感謝しています。

➢ 研修生の業務について

キャディ業務&マスター室補助
2つの仕事が主な業務です。

研修生の仕事はキャディ業務かマスター室補助がメインの仕事です。
キャディ業務の場合は、1ラウンドを終えれば練習が出来ますので、昼過ぎに終えてしまうこともあります。そんな日は早くから練習に行けるので、練習時間をたくさん確保することが出来ます。
マスター室補助業務の場合は、拘束時間が8時間となっており、カート出しやバッグの積み込み、クラブ確認、スタート管理などをしています。勤務時間は、季節によって変わりますが、トップのお客様が7時スタートの場合は、6時~14時までが拘束時間となります。
仕事は、キャディ業務8割:マスター室補助業務2割くらいです。忙しいシーズンだと残業する事もありますが、基本的にはないので、助かっています。

➢ 強い気持ちを持って

運動よりも勉強タイプ
やればできることを結果で示したい。

私は、高校生の頃に少しバスケットをしていただけで、運動よりも勉強が得意なタイプでした。研修生になる前のベストスコアも93と一般的なゴルファーと変わりません。しかし「3年間はゴルフにすべてを捧げ、プロゴルファーになる。」と心に決めています。
ゴルフでプロを目指すには遅すぎる。という意見が大半だと思います。私自身も何度も言われて来ました。しかしその度にいつか見返したい。という気持ちが強く、結果で証明したいと思っています。
人生100年時代と言われる中、今しかできない事があります。
それが私にとっては、プロゴルファーになるという挑戦です。

エントリー

キャディ採用の応募は、エントリーフォーム、
またはお電話にて、お気軽にご応募下さい。
電話で質問&応募
WEBから応募
LINEで質問&応募