京和カントリー倶楽部

キャデイ求人 
採用案内サイト

VOICE
先輩の声

吉田 さよ子
/ キャディ

家族の支えがあったから
長く仕事を続けられています。

➢ 応募の動機

「主人と一緒にゴルフがしたい」
きっかけはそんな些細な事でした。

京和カントリー倶楽部で働くきっかけとなったのは、「主人と一緒にゴルフがしたい」という想いからでした。当時全くゴルフが出来なかった私は、スコアも120前後で、ラウンドしても全く良いいいところがありませんでした。
もちろん、主人と一緒にゴルフへ出かけても負けてばかりで、すごく悔しかったです。当時まだ働き始める前に、「ゴルフ場で働きながらゴルフの腕を磨いて、いつかは主人に勝つぞ!」という気持ちでいたことを今でも思い出します。
月に何度かゴルフをしますが、今では調子が良ければ80台で回れるようになりました。そうなったのはやはり、職場がゴルフ場ということが大きいと思います。

➢ 京和カントリー倶楽部を選んだ理由

京和の駐車場は目を見張る高級車ばかり。
一流のお客様に相応しいおもてなしに挑戦!

京和カントリー倶楽部を知ったのも、主人がきっかけでした。主人が京和カントリー倶楽部でゴルフをした際に、駐車場に高級車ばかり止まっているのを見て、「お客様の層が良さそうだから、京和カントリー倶楽部で働いてみたらいいんじゃないか?」と言ってくれたのが始まります。
最近ではセルフプレーのみのゴルフ場や、1万円以下でプレーが出来るゴルフ場も多くなっていますが、京和カントリー倶楽部で土日にプレーをしようとすると、3万円を超えます。高額なプレー代を払って来場される"一流のお客様"を相手に、相応しいおもてなしで金額以上の有意義な時間を過ごして頂けるよう、日々仕事に励むことにやりがいを感じています。

➢ キャディを長く続けられる理由

日々変化のある仕事だから。
家族の理解と支えがあったから。

キャディという仕事を長く続けられたのは、同じことの繰り返しではなく、気温や気候、お客様など、日々変化がある仕事だからだと思います。
そしてもう1つ、なんといっても家族の理解と支えがあったからだと思っています。キャディという仕事はサービス業であり、お客様あっての仕事ですから、土日に出勤することは珍しくありません。ですから、子供が小さい頃は家族で土日に遊びに出かけたりすることもなかなか出来ませんでした。
今では子供も社会に出て立派に働くようになりました。もしかしたら、私の働いている姿を見て、頑張ることの大切さを感じとってくれていたのかな、と思ったりもしています。
土日休みが少ないのは仕方ありませんが、逆にお休みが平日なので、仕事が休みの日に出かけるとどこも空いている・・・というのはメリットかな!?と思います。

➢ これからの過ごし方

昔ほど若くはないので
無理をしないように働いていきます。

子供も大きくなったので、最近は自分の時間を大切にしています。あまり無理をせず、定期的にお休みを頂いて、長く仕事を続けていければと思っています。
先輩で64歳で現役のキャディもいますので、そこまで働けれたらいいなって思っています。
キャディという仕事は外仕事で大変なイメージが強いかもしれませんが、考え方を変えれば、健康的で長く続けれらる仕事です。私も一日でも長く働いていられるよう、頑張っていきたいと思います。

エントリー

キャディ採用の応募は、エントリーフォーム、
またはお電話にて、お気軽にご応募下さい。
電話で質問&応募
WEBから応募
LINEで質問&応募