京和カントリー倶楽部

キャデイ求人 
採用案内サイト

CADDIE BLOG
キャディ奮闘日誌

2020年10月7日 更新

グリーンフォークの正しい使い方

こんにちは、キャディの川口です。 前回、ブログで目土の大切さについて説明しましたが、
今回は目土同様に大切なディポットの修復について解説していきたいと思います。


グリーンフォークの正しい使い方はご存知ですか?ゴルフでは、ラウンド中でもコースの補修をすることがエチケット&マナーです。フェアウェイのディポット跡だけではなく、グリーンのピッチマークも直しましょう。 しかし、間違った直し方をしてしまうと芝が枯れてしまい、完治するまでにとても時間が掛かってしまいます。 そこで今回は、グリーンフォークの正しい使い方について解説していきます。


ディポットを直す時は芝を持ち上げるのではなく、上記の写真の様に芝を四方から中央に寄せましょう。
盛り上がった土手の芝はボールが落下し凹んでいるところの芝がずれてできたものなので、ずれて出来た芝を元に戻すように中央に寄せましょう。 中央に寄せたらパターで上から優しく押さえて平らにしましょう。
これで、正しくグリーンを直す事が出来ます。


正しく直す事で気持ち良くラウンドする事が出来ると思います。 秋に入り過ごしやすい季節となりました。
カート乗り入れ可能な当倶楽部で快適にゴルフを楽しみませんか?


当倶楽部では最大6人プレーが可能です。キャディも2人付きますので快適にラウンドする事が出来ると思います。いつもは3人2組コンペをしていた組も6人で一緒にプレーする事によっていつもと違った新鮮なゴルフが出来ると思います。(※メンバー様同伴が条件)お客様のご来場心よりお待ちしております。
電話で質問&応募
WEBから応募
LINEで質問&応募