京和カントリー倶楽部

キャデイ求人 
採用案内サイト

CADDIE BLOG
キャディ奮闘日誌

2018年11月30日 更新

2019年ルール改正について

こんにちは。キャディの川口です。
最近は、紅葉が綺麗に色づいていて素敵ですね。
今回は2019年のルール改正の中で私が気になった点を紹介します。
1.まずはコースエリアの名称が大きく変わります。
ティーインググランド⇒ティーイングエリア

スルーザグリーン⇒ジェネラルエリア ウォーターハザード⇒ペナルティエリア
※その他、バンカーやパッテンググリーンなどは名称は変わりません。
2.バンカーにボールが入ってしまったとき、打てそうな所なら問題なさそうですが、
下記のような所にボールが行ってしまうととても困ってしまいますよね。 二打罰を加えると球とホールの線上でバンカーの後方の外側にドロップすることが出来ます。 バンカーが苦手なプレーヤーにとっては良い規則かもしれません。
3.旗竿を立てたままパットをすることが出来る。
パッティンググリーン上でパットをするとき旗竿を立てたままパットすることが可能になります。 旗竿に当たっても罰はなく、球はあるがままにプレーします。ロングパットの際に誰かが旗竿を持つ手間も省くことが出来、 付き添ってくれるのを待つ時間を節約する事も出来そうですね。
他にも、ルールが変わっている点がありましたが、今紹介した3つだけでも大きく変わっていますね。
私もまだ改正後のルールを理解できていないところもあるので、
来年までにはしっかり覚えてプレーヤーの手助けやアドバイスを出来るようにしておきたいです。

【2019年の新しい規則に提案された主要変更点の解説】
電話で質問&応募
WEBから応募
LINEで質問&応募